春 風 禾

塗り絵や手芸を楽しみながらシンプルライフを実践中

猫ちゃんズの秋散歩(後編)

2017101801.jpg

猫ちゃんズ、秋のお散歩(後編)はカラーソフトで重ね塗りしました。
下塗りに使ったダーウェントウォーターカラーペンシルの色は前編と同じです。

カラーソフトはアーチストカラーに比べて明るくポップな色(ダーウェントカラー中では)が揃ってます。
そのまま使うとちょっと眩しく感じるくらいはっきりした色合いで、華やかな画面を作るのにぴったり

前編はどこまでもふんわりした雰囲気だったのに、今回は下塗りの落ち着いた色合いの上に、カラーソフトの元気な色をのっけた途端、猫ちゃんズが生き生きして見えてきた!

ウォーターカラーペンシルでの下塗りの効果もあってカラーソフトだけの時にはなかった色の厚みが出てるように見えます。
この組み合わせは派手になりすぎず、でも華やかさもあって私好み
好みの組み合わせを見つけられて嬉しいな

好きなコンビのひとつにアーチストカラーペンシルとポリクロモスがあります。
このコンビは濃淡のグラデーションを作りたいときにとても使いやすくておすすめ。
猫ちゃんズの本は水彩色鉛筆メインなのであまり出番がないのですけど、他でもっと使っていこうと思ってます。

それでは~猫ちゃんズのお散歩の様子をば・・・

2017101802.jpg

オージはバラをかざしててくてくてくてく。
ズボンの色がちょっと失敗で・・・ジャージに見えちゃう(笑)

ポチャくんはというと、やっぱりここでもモグモグ歩き食い中。
いいなぁ~メロンパン、大好物なんですよ~。
塗ってると食べたくなってくる

2017101803.jpg

ミンミンは歩き寝中?!
たぶんあくびしてるのだろうけど、ポチャくんのメロンパンにヨダレ…という図に見えなくもない(ソレ私です)。

2017101804.jpg

カラーソフトはアーチストカラーほど薄付きではないのですが、隠ぺい力はあまりありません。
下塗りの色が薄っすらと見えてきます。
今回合わせたのが地味な色味のダーウェントウォーターカラーペンシルだったのですが、派手めなステッドラーカラトだとどうなるのか興味深々なので、そのうち試してみます

今回、左右合わせた見開きページを撮影するの忘れてました
しばらく雨が続くようなので、また晴れた日に改めて追記しようと思います。
アーチストカラーペンシルとカラーソフトでの重ね塗りの違いは、画像を並べて見比べられるインスタグラム(@etoko8)のほうが分かりやすいかも


塗り絵本
 きまぐれ猫ちゃんズの旅日記[吉沢深雪]
使用画材
 ゴンドラパステル京色パステル
 ダーウェントウォーターカラーペンシル 
 ダーウェント カラーソフト 
使用色
 ゴンドラパステル京色パステル(松ヶ崎菜の花便り、光のどけき日、保津川ソーダ、音羽の澄み空)
 ダーウェントウォーターカラーペンシル(69、67、70、61、59、63、52、53、54、60、65、49、50、48、38、28、24、23、5、6、7、8、11、12、14、17、16、20)
 ダーウェントカラーソフト(C640、C680、C660、C720、C540、C620、C590、C040、C060、C050、C100、C190、C130、C110、C280、C250、C390、C400、C430、C450、C480、C500、C300)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ダーウェントウォーターカラーペンシル ダーウェントカラーソフト 京色パステル

猫ちゃんズの秋、お散歩(前編)

さっさっさむ~い
いきなりの気温低下にガタブルガタブル。

慌ててしまい込んでいた冬布団を出してきて乾燥機をかけました。
にゃんこたち用には湯たんぽを準備。
湯たんぽ入りのカゴの中でぬくぬくあったかそうそこに混ぜてほしいなぁ~

2017101702.jpg

さて、今回は猫ちゃんズ秋のお散歩の前編です。
秋と言いながらどことなく春の雰囲気になったところはスルーでお願いします
私、赤紫や山吹色に紅葉の色等いわゆる秋の色がたまらなく好きなのに、秋っぽく塗るのが下手かもしれない。
「あ゛ぁぁ~そうじゃないっ」て思いながらぬりぬり頑張ってます。

この見開きページをダーウェントウォーターカラーペンシルで下塗りしてから、右ページをダーウェントアーチスト(前編)、左をダーウェントカラーソフト(後編)で仕上げ塗りをしてます。

↑上画像はウォーターカラーペンシルで下塗りしたところ。
↓下画像はアーチストカラーペンシルで仕上げたものです。

2017101701.jpg

全体画面だとちょっと濃くなったくらいにしか見えないかも

てんちょーとキューちゃんをアップで見てみましょ~。

2017101703.jpg

お洋服や背景に同系色で色を足してみました。
思い切って違う色を足してみるのも楽しそう!

小さな部分は水筆で陰影をつけるより色鉛筆で塗り足したほうがやっぱり楽ちん。

2017101704.jpg

ハーブの回ではお留守だったトリさん、お久しぶり!

黄色は薄めに塗っても発色がよいので胴体はそのままで、小さな部分を中心に色を足しました。
羽根先に薄めにパープル(ウォーターカラーペンシル)を塗っておいて、インディゴ(アーチストカラーペンシル)を重ね塗り。

2017101705.jpg

リスさんは初登場。

リスさんとどんぐりをおいしそうに(?)見えるよう赤茶で重ね塗り。
リスさんの色が微妙なのが心残り。
色々選んでみても、混ぜてみてもやっぱり微妙(笑)
徐々に合う色が見つけられるといいかな。

ぺったり感のあった木にもこげ茶や黒をせっせと重ね塗り。
ちょっとはぷっくりして見えるかな?

2017101706.jpg

アーチストカラーペンシルは硬質で隠ぺい力はまーったくないので、下塗りの色が薄っすら見えるんです。
そこが面白いところで、上から重ねた色の隙間から透けて下の色がちらちら見える感覚。
コヒノールのマジックマーブルペンシルを使ってる時のような色の見え方で楽しい

他の色鉛筆でも同じようになるのかな?
少しずつ試してみたいと思ってます。

そういえば、記事を書きながら気が付いたこと今頃(笑)
京色パステルは水溶性ではないので、先に背景を塗ってもよかったのですが、ダーウェントパステルペンシルとウォーターカラーペンシルを併用するときは用途によっては塗る順番に気を付けないといけないですね~。


塗り絵本
 きまぐれ猫ちゃんズの旅日記[吉沢深雪]
使用画材
 ゴンドラパステル京色パステル
 ダーウェントウォーターカラーペンシル 
 ダーウェントアーチストカラーペンシル
 
使用色
 ゴンドラパステル京色パステル(松ヶ崎菜の花便り、光のどけき日、保津川ソーダ、音羽の澄み空)
 ダーウェントウォーターカラーペンシル(69、67、70、61、59、63、52、53、54、60、65、49、50、48、38、28、24、23、5、6、7、8、11、12、14、17、16、20)
 ダーウェントアーチストペンシル(1000、1100、1500、1700、1900、2000、0300、0600、4900、5000、5100、4800、2800、3500、3700、6600、5400、6000、6100、6300、5900、5600、5700、6700、6900、7200、7000)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ダーウェントウォーターカラーペンシル ダーウェントアーチストカラーペンシル 京色パステル

猫ちゃんズの秋

2017101101.jpg

猫ちゃんズワールドにも秋がやってきました!

芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、秋の夜長に読書ってのも。
欲張り猫ちゃんズの秋はどんなかな?
進めていくのが楽しみです。

私の秋は…やっぱり食欲かしら~
いやぁ、色々なものがおいしそうに見えて困ってしまう。

2017101102.jpg

キューちゃんの奏でるアコーディオンも秋っぽく

って、今更だけど、各季節のタイトルって全部キューちゃんなんですね。
春をすっ飛ばしてしまったので気づくのが遅れてしまいました。

来年の夏には猫ちゃんズ、一冊塗り終えてるといいな

2017101103.jpg

アップで見るとゴールドっぽいこの文字。
ユニボールシグノのメタリックブロンズで塗ってます。
ゴールドより赤みがかっていてとても秋っぽい色。
メタリック系ボールペンの中で一番のお気に入りなんだけど、日本未発売なのでなかなか使えないでいるぅぅ

塗り絵本
 きまぐれ猫ちゃんズの旅日記[吉沢深雪]
使用画材
 ゴンドラパステル京色パステル
 ダーウェントアーチストカラーペンシル
 ダーウェントウォーターカラーペンシル 
 三菱鉛筆ユニボールシグノ48色セット

現在、ユニボールシグノは実店舗で購入するほうが安い!
ジョイフル本田荒川沖店の文房具売り場にて定価の1割引きで2セット置いてあるのを見かけました。
家の近所の文房具店では定価で1セット置いてました。
ネットだとびっくりするぐらい高いのでお探しの方は文房具店を覗いてみるのをおすすめします。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ダーウェントウォーターカラーペンシル ダーウェントアーチストカラーペンシル 三菱鉛筆ユニボールシグノ 京色パステル