FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーソフトで背景を塗るときにひと工夫

2017061301.jpg

つばめって赤いほっぺがのほほんとして可愛い
て思い込んでたんですけど、実物の写真を見たら意外にキリっとしたお顔立ち。

ほっぺだけじゃなくて下あご全体が紅く、目元あたりは黒のシャドウ入り。
見る角度によってはおたふくにも見えたり、日の当たり方によって黒より濃紺に見える翼、等々・・・ふむふむ。
イメージしていたのとだいぶんずれていました。

つばめってこんな感じ、とイメージを作り上げていたんですねぇ。
なるほど~と、ほどほどにつばめっぽく塗ってみました。

2017061302.jpg

これくらいのサイズなら3日くらいで塗れるかな~と始めてみたら・・・
どっぷり行き詰って、なーんと2週間もかかってしまった!
まったくの想定外。

今回、背景のみカラーソフト、他はアーチストカラーペンシルで塗ってます。

背景塗り、面倒かなぁ~って思ってたけど、やってみると面白いくらいに全体の雰囲気が変わる!
前回とても楽しかったので、今回もせっせと背景を塗りました。

前回の失敗から考えて、今回は背景から塗りはじめました。
前回はカラーソフトで塗りつぶしていっただけなんですが、それだとちょっと濃くなりすぎたんですよね。
それで、今回はひと手間加えてよりきれいに仕上げる方法を考えて試してみました。

ひと通りカラーソフトで全面を塗った後、使った色より一段明るい色を選んで紙やすりで芯を削り散らして、メイクチップで塗り広げてみたら、これがよかった!
この方法だと、色が濃くなりすぎず、塗りムラも防げてなめらか~な仕上がりに。

メイクチップを使ったのは綿棒は紙を傷めてしまうのか、紙がガサガサになってしまったから。
パステル使用でなら違うのかも。
あと、メイクチップで擦ると全体的に色が暗くなったように見えたので、上に被せる色には一段明るい芯を使いました。

なかなかよい方法を見つけたなぁとほくほくしてたんですが、カラーソフトで背景を塗ると芯の減りが半端ない
ガンガン減る!どんどん減る!もう勘弁してってくらい減る!
今回の背景だけで1/4本分くらい芯が減りました。
心臓に悪いので、これからは背景にはパステルペンシルを使うことにします。

カラーソフトの単色を扱う店舗は通販で1件しか知らず、パステルペンシルなら近所の画材屋で買える(2割引き)ので、お財布にもやさしい。
てか、ダーウェント取扱店少なすぎる
ウォーターカラーペンシルの単色売り、取扱店をひとつも見つけきれなかったし。
インクテンスより色合いが好みなのに残念。

2017061303.jpg

苦手意識のある昆虫は全部金色でまとめて、ツバメも比較的さくっと塗れて、つまづいたのは羽根でした。

なにをどんなにどう塗っても、羽根じゃなくて葉っぱに見えてしまって。
羽根にしては重そうに見えて、軽やかさを感じられないんですよね。

日頃、色によって重さをどう感じるかどうかなんて考えて塗ってなかったので、しばらく悩んでしまいました。
何度も試し塗りを繰り返して、最終的には納得いく出来ではなかったんですが、これ以上にはなりそうにないのでここらでおしまいにしました。(←ひとつずつ終わらせないと次にいけない性格なんです

羽根モチーフは他の塗り絵本でもよく見かけるし、経験を積んで来年お隣ページで再挑戦するぞー

2017061305.jpg

試し塗りの様子をパチリ。
切り取って、置いてみるとわかりやすい。
最初、赤紫の羽根とか塗ってました(笑)


塗り絵本mein frühlingsspaziergang
使用画材ダーウェント カラーソフトダーウェントアーチストカラーペンシル




ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加中
関連記事

ダーウェントアーチストカラーペンシル ダーウェントカラーソフト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。