FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたきた!ダーウェントアーチスト

昨年の誕生日プレゼントに夫へリクエストした色鉛筆が届きました

長かった~8か月待った!
今年の誕生日のほうが近いじゃないかってくらい待ちましたよ!

入荷まで8か月かかったのではなくて。
手が届く範囲まで価格が下がるのを毎日チェックしてたら、8ヶ月経っていたというだけなんです
あまりに高額で申し訳なくて、最安値あたりまで待とうかと。
今年の誕生日までに間に合ってよかった

届いたのはダーウェントアーチストカラーペンシル120色ウッドボックスセット
現在レジで10%OFFキャンペーン中なのを合わせると、ここ8ヶ月間ではほぼ最安値にまでなったので、遂にぽちっ!
ほぼ最安値というのが、つい2週間ほど前に48%OFFになってたのを見かけたんですけど・・・発注が間に合わず売り切れちゃって。

そういえば、ダーウェントアーチストカラーペンシル72色セットも40%OFFになってますね。
カラーソフトといい、ダーウェント大安売りを始めたんでしょうか。

2017061914.jpg

ではでは~
待ちに待ったウッドボックスの開封レビューしていきまーす!

まずは手を洗って(笑)

箱から出して~(ドキドキ)

2017061913.jpg

げっ!!!
箱の裏敗れてる!

さらに
箱から出してみたら薄っすら粉がついてる!

贈答品にするなら一度箱から出してチェックしたほうがよいかもですね。

気を取り直して、タオルでささっと粉をはたいて・・・

2017061912.jpg

カパッ!

ふわっとほのかに木の香りがします。

カラーソフトの時は、缶を開けた瞬間にかなり強い香りがして、私は平気でしたが人によっては気持ち悪くなるんじゃないか?て感じだったのが、これはふわっとやさしく香っていて心地よい。

2017061911.jpg

色鉛筆の芯の部分に緩衝材が置かれていて、トレイの両サイドにはやわらかめの黒の綿テープが留めてあります。

木製のトレイの厚さは0.8mm、しっかりとした作りで簡単にたわんだりしそうにない。

2017061910.jpg

色鉛筆の本体部分は厚手の紙素材のようなもの(?プラスチックではないように見えるんですけど・・・)で一本ずつしっかりホールドされていて、逆さにしても色鉛筆が落ちてきません。

かといって、抜くのに苦労することはなく、色鉛筆を抜くときは力をいれなくてもするっと取れます。

こういう部分は使っていくうちに擦れて劣化していくのでしょうけれど、最初の印象はとてもよいです。

2017061908.jpg

芯先があたる部分にはスエードが張ってあり、芯欠けを防いでいるようです。
スポンジ素材でもなく、高級感があります。

小さな部分ですが、こういうところの気づかいって嬉しいですね。

2017061909.jpg

2段目も1段目と同じ仕様です。

2017061907.jpg

3段目だけ少し違っていて、緩衝材が多い。

2017061906.jpg

上段トレイの厚み分(画像内 ↕ )、芯の上に空きができるため、輸送中の芯欠け防止のためのスポンジが1つ多く使われていたのでした。

2017061905.jpg

芯の上のスポンジを取り除くと、上段トレイと同じくスエードがお目見えします。

2017061904.jpg

ここまでしっかり緩衝材が挟んであっても輸送による芯折れは起こるのかもしれませんが、それはもうしょうがないのだろうと思います。
接着剤の漏れや木材の欠けなどは見当たりませんでした。
外観、内装、芯の保護など、きちんと考えて作られてて、ここまでは大満足です。

さて、気になる色鉛筆本体はというと・・・

2017061903.jpg

左が今回届いたもの、右がこれまで使っていたもの。
同じ色を並べてみました。

今回届いたものはちょっと削りが粗いのですが・・・

2017061902.jpg

鉛筆削り器で削ったら、つるっときれいになりました

色合いは塗ってみないとわからないので、今日はここまで。

色鉛筆については、後日カラーチャートを作り直してレビューしたいと思います。

2017061901.jpg

緩衝材は捨ててもよいのだけど、きれいな蓋を保つためにこういうふうに使うのもありかな。



↓ブログランキングに参加中。一日一度応援のぽちっ!をもらえると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

ダーウェントアーチストカラーペンシル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。